整形手術によるエラ削りの明確な効果



エラの悩みについて途方に暮れている



ほっぺた

エラが張っている人を見掛けると比較してしまう自分がいました。というのも私自身もエラが張っていましたので、ついつい人のエラにも視線が向いてしまうことがありました。

張っているエラを改善したくて小顔になれるという施術を受けたりしたことがあるのですが、やはり骨格の問題ですとそのような施術では効果がありません。また、何となく効果があったように感じられても一時的なものにしか過ぎません。ですから結局は改善することができず、エラの悩みについて途方に暮れている自分がいました。

エラの悩みを抱えたまま生きることも考えたこともありますが、しかしながら悩みを持ったまま生きるのはなかなか辛いですよね。特に容姿の問題は気にする性格ですので、改善できるのならば改善したい気持ちを常に持っていました。

そんな気持ちがあり次第に考えるようになったことがあるのですが、それは美容整形を受けることです。エラ削り の手術さえすれば悩みも解消できると思いましたし、むしろ整形しか方法がないとも感じていました。

幸い仕事を頑張ってきたお陰で貯蓄もある程度ありましたので、手術を受けようと思えば受けられる状態ではあったのですが、しかしながらエラ削りとなると不安を感じずには要られなかったです。骨を削る訳ですので怖さがありましたし、特に失敗してしまった時にはどうなるのだろうと考えただけで不安で仕方なかったです。



いくつかの病院に相談した結果



写真

でも本当に悩みに感じていましたので、病院に相談するなどして次第にアクションを起こすようになったのですが、いくつかの病院に相談した結果、とても信頼のできる先生と知り合うことができました。その先生は私の悩みをよく理解してくれ、そして親身になって相談に乗ってくれたのですが、エラ削りの実績も豊富に持っている素晴らしい先生でした。そんな先生と何度も相談をさせてもらい、ようやく整形に対する決意を固めることができました。

手術は全身麻酔を行う大掛かりな内容だったのですが、むしろ全身麻酔は有難かったですね。ちょっとした手術でも苦手な私ですので、全身麻酔でなければ到底受けることなどできない手術です。

手術に入る際には麻酔を掛けられすぐに気を失い、そして次に目覚めた時には病院のベッドの上でした。意識が朦朧とした状態でしたので、どんな状態なのか考えられる状況ではなかったのですが、再度しばらく眠ってから目覚めた時には手術結果はどうなのかがとても気になりましたね。

しばらくの安静状態が続き、包帯を外してもらう時がきたのですが、包帯が取れて腫れているエラ部分を見た時には怖かったものの、それでも以前とは違って輪郭が引き締まっている様子を確認することができました。その姿を見た時には本当に嬉しい気持ちであり、やはり美容整形ならではの改善効果だと感動の気持ちすらありましたね。


ASクリニック